マーチンゲール法を改良したらルーレットは勝てるようになるか?

ルーレット必勝法を研究する上で避けて通れないのが「マーチンゲール法」と「フラットベット」についての議論である。

フラットベットは確かにローリススクではあるが、ハウスエッジに引っかかりジリジリと資金を減らして最後はゆっくりと全てを失いか、熱くなって一気に溶かしてしまうかしてしまい、結局は破産に追い込まれるというのが定説である。

そこで負けを都度取り返すために、負けたらBet金額を上げていくマーチンゲール法が広く採用されているが、これはコツコツドカーンという投資で一番やってはいけない手法になります。

 

マーチンゲール法も2回目。3回目で取り返せればいいのですが10連敗する場面も必ず遭遇します。

すると100 円Betで始めたマーチンゲール法は10回当たらず追い上げて行くとBet金額が100万円を超していきます。

そしてそれで仮に勝ったとしても勝ち金額は初めの100円のみという悲しい事実。

100円を取り返すために100万円のリスクを背負うなんてクレージーとしか言いようがありません。

そこでマーチンゲール法の改良を試みた人はたくさんいます。

  • 3倍マーチンゲール法
  • 変形 マーチンゲール法
  • 2 3 マーチンゲール法
  • 666戦略 マーチンゲール法
  • 1ドル マーチンゲール法
  • 投資 マーチンゲール法
  • 倍 マーチンゲール法
  • ブックメーカー マーチンゲール法
  • タイムプッシャー マーチンゲール法
  • 100 万 円 マーチンゲール法
  • グレートマーチンゲール法
  • アンチマーチンゲール法
  • タイムプッシャー マーチンゲール法

などいろいろ存在するようですが、マーチンゲール法の 由来通り、マルセイユの愚か者という語源が示すようにこれはギャンブルの域を抜け出すことが出来ません。

これはマーチンゲール法を 株式投資に使ったり、マーチンゲール法を 競馬に応用してみたりしても、マーチンゲール法の 損切りが難しく、マーチンゲール法シミュレーターで何度もマーチンゲール法をシミュレーションしてみても、マーチンゲール法の 期待値は常に0になってしまいます。つまりは破産を意味します。

要するにマーチンゲール法では 資金管理が不可能でマーチンゲール法を続ける限り 資金ショートはま逃れないということです。

では連敗をしない手法はないか?と

    • ココモ法
    • パーレー法
    • ココモ法 改良
    • 31システム 応用
    • Wストリート5ベット法 改良
    • ダランベール法 改良

いろいろ試してみてもカジノ 絶対 負けるようにできているとしか言いようがない結果に収束してしまうものです。

では絶対にルーレットは勝てないのか?

完璧なルーレット攻略法は存在しないのか?

ということになりますが、ご安心ください。

ルーレットはフラットベットで実は安全に完璧に攻略が出来るんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です